セミナー・講演情報

2019.03.26

2019年4月24日セミナー「先人から学ぶ働き方の極意」

2019年4月24日セミナー「先人から学ぶ働き方の極意」

今話題の『博多の歴女』が人吉に!

『博多の歴女』として活躍中の白駒妃登美氏が
日本の歴史上の人物を通して、先人の、日本人としての生き方、仕事への取り組み方、そしてこれからの働き方のヒントを語っていただきます。

白駒 妃登美   (しらこま ひとみ)

1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。
幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。
福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。
卒業後、大手航空会社の国際線乗務員として7年半勤務。
その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活躍。

大病をきっかけに、命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。

2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。

講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。全国各地での講演、TV・ラジオ出演依頼は、年間200回におよぶ。

主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。

子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。

2016年4月より、日本人にふさわしい「志」を育み、磨きあげるために、「志」和ごころ塾を立ち上げ、塾長を務める。全国で300名様を超える方々と、志を高めあっている。